08:38 2019年09月21日
ウラジオストクに到着した、海上自衛隊の護衛艦「すずなみ」

露日共同訓練で「海賊」から船を解放

© Sputnik / Vitaliy Ankov
ロシア
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシア海軍太平洋艦隊と日本の海上自衛隊の艦艇が15日、ピョートル大帝湾で捜索・救難共同訓練「サレクス2019」を実施した。

スプートニク日本

ロシア側からは太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・パンテレーエフ、救助船「アラタウ」、測量艇「BGK-2151」が、日本側からは駆逐艦「すずなみ」が参加した。

海に落ちた人の救助訓練では、高速船が海面に降ろされ、マネキンの「被害者」を発見、日本の「すずなみ」に引き渡された。日本側も同じ課題を遂行した。

またロシアと日本は、遭難船舶の救助訓練も行った。救助隊は「損傷した」船に乗り込み、出火場所を調べ、延焼を防いだ。救助船「アラタウ」が火災を鎮火し、船を港まで曳航した。

その後は、海賊対処訓練が行われた。ロシアと日本のそれぞれ8人からなる機動部隊が海賊に拿捕された船を見つけ、状況を偵察、船に乗り込んだ。船と人質を解放するまでにかかった時間は10分超だった。

関連ニュース

パンと塩のもてなし 護衛艦「すずなみ」がウラジオ寄港

タグ
軍事演習, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント