00:52 2019年12月06日
メドベージェフ首相

ロシア 週4日制に移行を首相否定せず ロシア国民がどう反応?

© Sputnik / Dmitry Astakhov
ロシア
短縮 URL
0 51
でフォローする

ロシア国民のほぼ半数にあたる48%が週5日制から週4日制への変更を支持していないことが、全ロシア世論調査センターの調べで明らかになった。先日、メドベージェフ首相は国際労働会議で演説した中で米国の産業家のヘンリー・フォード氏の経験を引用し、週48時間制を40時間にまで縮小した結果、労働の生産性が格段に上昇したと語った。

スプートニク日本

メドベージェフ首相は将来、社会労働契約の基本として週4日制に移動することもあり得ると指摘した。

全ロシア世論調査センターの調査によれば、回答者の48%が週4日制に不支持を示し、逆に前向きな姿勢を示したのは29%、17%がどちらでもいい、6%がどちらともいえないと回答した。

回答者の大多数の82%は、週4日制に労働時間が縮小された場合、給与額も縮小されると考えており、43%は週4日制では物価が上昇すると予想している。

逆に週4日制に支持を表明している人は大半が大都市に住んでいることがわかった。一番多かったのはモスクワ、サンクトペテルブルクの住民で36%、ほかの100万都市の住民が34%。また年齢別では25歳から34歳の住民が39%を占めた。

関連ニュース

タグ
研究, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント