16:32 2019年12月09日

ロシア最悪の切り裂き魔に釈放の可能性

© Depositphotos / Lorenzo Gulino
ロシア
短縮 URL
0 03
でフォローする

ロシアで最も残酷な犯罪者の1人として知られるオレグ・リルコフ受刑者(52)は、釈放を請求した。「トリヤッチの切り裂き魔」として知られる受刑者は現在、終身刑で服役中だ。

ロシア南部サマラ州シズラニ市裁判所のユリア・バリノワ広報担当官によると、リルコフ受刑者が重病を患っていることが釈放を請求した理由だ。医療委員会も受刑者の重病を確認したが、釈放の可否を決めるのは裁判所だ。 

リルコフ受刑者は1992年から1995年にかけ、少なくとも6歳から13歳の女児37人を性的暴行した。捜査によって4件の殺人も発覚。さらに服役中のリルコフ受刑者は、さらに3件の殺人を自白した。1998年7月15日、受刑者は死刑を宣告されたが、死刑執行が禁止されたことを受け、終身刑となっている。

人形作家」として知られるアナトリー・モスクヴィンも以前、精神病院からの退院を請求した。モスクヴィンは女児の墓を暴き、遺体から人形を作っていた。だが裁判所は精神病院でのモスクヴィンの治療継続を言い渡した。

関連ニュース

旧ソ連とロシアで起きた凄惨な人肉食事件

Googleが有名な連続殺人鬼をロシアの大学の「優れた卒業生」と紹介

ロシアで22年跋扈していた凶悪殺人犯が逮捕【写真】

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント