08:15 2019年08月24日
ミツバチ

ロシアのミツバチ大量死、最高検察庁が捜査へ

CC0 / Pixabay
ロシア
短縮 URL
0 80

ロシア下院天然資源委員会は同国のミツバチ大量死と偽造化学品使用を捜査するよう最高検察庁に求める方針だ。ニコラエフ委員長が発表した。

16日、ミツバチの大量死問題を話し合う専門家会議が開かれた。ミツバチの大量死について、スプートニク日本は詳細な記事をまとめている。

ニコラエフ委員長は、養蜂業者や農業関係者が大量死の一因として、農薬の安全な利用規則違反を指摘していると明らかにした。

「最高検察庁に話す。回答と統計を手に入れて、9月に全関係省庁(ロシア天然資源・環境省、ロシア農業省)とさらなるイベントを行う。下院だけのレベルでは、この問題は解決できない」

先の金曜日、ロシア連邦動植物衛生監督庁のユリア・メラノ報道担当官は、同庁が大量死は管理外の農薬利用と関係していると見ていると明らかにした。また、2011年に同庁から農薬の生産と使用に関する監督権没収を提唱したロシア経済開発貿易省が今回の大量死の責任を取るべきだと主張した。

タグ
動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント