21:28 2020年09月20日
ロシア
短縮 URL
0 04
でフォローする

モスクワとその近郊をエキゾチックでとても大食いのナメクジが来襲している。急速な勢いで繁殖するこの巨大なきらきらしたナメクジはモスクワの目抜き通りにも文字通りあふれている。

首都の公園で以前は目にすることのなかったこの巨大ナメクジの写真が、現在ネット上でよく見かけるようになっている。生物学者らは、このナメクジはスペイン産の悪質な農業害虫のアリオン・ラシタニカズだと判断した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Столичные новости 📌📈💹 (@stolichnie_novosti)

生物学者のイリヤ・ゴミラーノフ氏によれば、このナメクジは、はじめポルトガルにいたものが北上し、欧州北部に分布が広がり、この数年でロシア南部でも確認がされているという。

研究者らは、このナメクジがモスクワで急速に繁殖しているのは、事実上の天敵が存在しないためだと強調する。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Ekaterina Kinl (@kkinl)

ユーザーの何人かは、このナメクジは通りの美化のために利用されている欧州産の芝と一緒に運び込まれたのではないかと予想している。

全ロシア自然保護協会のエルムロッド・ラスルムハメドフ会長は、「このナメクジは特定の寄生虫を持っており、そのもっとも代表的なものが無鉤条虫だ」と指摘する。

そのためこのナメクジは子どもやペットにとってなによりも危険な存在となる。

関連ニュース

タグ
びっくり, 動物, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント