12:46 2019年08月23日
屋外清掃員【アーカイブ】

屋外清掃員の女性、約20億ルーブルの負債を抱えることになった経緯を語る

© Sputnik / Eugeny Biyatov
ロシア
短縮 URL
0 40

約20億ルーブル(約33億3000万円)の負債を負ったモスクワ郊外ヴォスクレセンスク市の屋外清掃員の女性、スヴェトラーナ・ボドロヴァさんが、テレビ局REN TVのインタビューに応じ、負債を抱えることになった経緯を語った。

ボドロヴァさんによると、給料が少ないため別の収入源を見つけることにしたところ、知り合った女性から配達員として副収入を得ることを勧められ、そのために会社を立ち上げることを提案された。

​ボドロヴァさんは「仕事を与えてくれる」女性と一緒に銀行へ行き、大量の書類にサインしたが、その際「メガネがなかった」ため、「サインしたものは見えなかった」という。

© Sputnik / Vladimir Trefilov
ボドロヴァさんは「それから半年後、審理のため法廷に出頭する電報を受け取りました。私はそのような金額(約20億ルーブル)を支払わなければならないと言われました。私は笑いましたが、その後、ショックを受けました」と語った。

モスクワの裁判所は2016年、書類上、借り入れをした会社の創立者で、借入名義人となっているボドロヴァさんから、18億2000万ルーブルの債務と、1億2700万ルーブル(遅延損害金)を取り立てることを決定した。

モスクワ地方人権問題全権代表のエカテリーナ・セミョノワ氏は、ボドロヴァさんの件を管理下に置いた。

タグ
びっくり, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント