08:11 2019年08月24日
クレムリンで大祖国戦争時の不発弾が発見

クレムリンで大祖国戦争時の不発弾が発見

© Sputnik / Natalia Seliverstova
ロシア
短縮 URL
0 10

モスクワのクレムリンの敷地内で大祖国戦争時の空爆による不発弾が発見された。爆弾は建設作業中に発見された。クレムリン管理者セルゲイ・フレプニコフ氏が公表した。

フレプニコフ氏は、1941年から1942年にかけてクレムリンは空爆に曝されており、この不発弾はおそらくその当時のもので、地中に埋もれていたと述べた。専門家らが速やかに安全処理を行った。フレプニコフ氏は、「現在、この不発弾はモスクワのクレムリンの敷地内から撤去され、今後解体される予定」と語った。

6月初旬、爆弾に関する情報が出され後、赤の広場からの避難が呼びかけられた。その後、これは正式な緊急演習であることが報告された。

以前、香港中心部で第2次大戦時の不発弾が発見されたことが報道された。

関連ニュース

第二次世界大戦時の爆弾、マレーシアで見つかる【写真】

タグ
歴史, ロシア, モスクワ, 発見
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント