01:03 2019年09月22日
米ナショナル・インタレスト誌、ロシア海軍を評価

米ナショナル・インタレスト誌、ロシア海軍を評価

© Sputnik / Alexei Danichev
ロシア
短縮 URL
筆者 :
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (146)
0 43
でフォローする

「ロシア海軍は急速に発展しており、小型船舶に重点を置いている」とアメリカの外交専門誌National Interestは伝えている。

同誌は、アメリカ海軍とロシア海軍は対照的であり、それぞれが自国の戦略、歴史、産業、地理を反映していると書いている。

米国海軍が駆逐艦や大型船を中心としており、また軍事予算では他国に類を見ないとすれば、ロシアの切り札は、先日実験を終えた「スメーチ(竜巻)」のような最新小型船舶やコルベット艦、新型「ラーダ」のような改良版ディーゼル電気潜水艦である。

© Sputnik / Irina Motina
改良版ディーゼル電気潜水艦「ラーダ」

その他、すべての船舶には巡航ミサイル「カリブル」に代表されるような本格的な兵器が装備されている。

露潜水艦、巡航ミサイル「カリブル」の発射(アーカイブ)
© Sputnik / Ministry of defence of the Russian Federation
露潜水艦、巡航ミサイル「カリブル」の発射(アーカイブ)

National Interest誌は、「これら船舶は小型だが、十分な攻撃力を備えている。近年、カスピ海のコルベット艦から「カリブル」でシリアを標的に砲撃があった。しかもロシア領海を離れずにそれは行われた」と記述している。

同誌は、ロシア海軍は自国防衛ドクトリンを十分に反映しているが、アメリカ海軍中国海軍は、いくつかの点でロシア海軍の先を行っていると指摘している。例えば中国にはアメリカとロシアを凌ぐ数の艦船があるが、アメリカの艦船のほうが大きさは上である。

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (146)
タグ
ロシア軍, 軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント