18:17 2019年09月22日
イトゥルップ島(択捉島)

クリル諸島調査隊がイトゥルップ島で地下通路を発見

© Sputnik / Sergey Krasnouhov
ロシア
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアの調査隊「東洋の要塞:クリル諸島」がイトゥルップ島(日本での表記は択捉島)で地下通路を発見した。この地下通路は、第二次世界大戦中に掘削された模様。ロシア連邦軍の東部軍管区が20日に発表した。

今回の調査隊はおよそ100人で構成されており、学者や軍関係者、愛国組織「ユナルミヤ(ジュニア・アーミー)」のメンバーが中心となっている。調査隊は太平洋艦隊の上陸用舟艇「オスリャービャ」でイトゥルップ島に到着し、長期の予定で活動を行っている。

イトゥルップ島で発見された地下通路は現時点で100メートルほど調査が完了した。調査中には、1953年に製造されたソ連製のマグカップが発見されている。

また、イトゥルップ島のカサトカ湾(日本での表記は単冠湾)では1930年代に建造されたとみられる日本の木造船も発見されている。木造船は海岸から約60メートルの距離に沈んでおり、引き潮になると船舶の一部が海面から現れる。

さらに、これまでロシア地理学協会が行った調査では、第二次世界大戦時に使用されたとみられる大砲も発見されている。

関連ニュース

タグ
調査, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント