19:00 2019年09月21日
ロシア 弾道ミサイル「シネヴァ」「ブラヴァー」2基の発射演習を実施

ロシア 弾道ミサイル「シネヴァ」「ブラヴァー」2基の発射演習を実施【動画】

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (146)
173
でフォローする

ロシア国防省は弾道ミサイルR-29RMU「シネヴァ」とR-30「ブラヴァー」の発射演習を実施した。

ミサイルはそれぞれ、北氷洋の極圏に近い水域の潜水艦К-114「トゥーラ」と、バレンツ海水域のK-535「ユーリー・ドルゴルーキー」から発射され、アルハンゲリスク州の「チジャ」射撃場、カムチャッカ半島の「クラ」射撃場に設置された標的に到達した。

何が今回の演習の前にあったか

8月初め、1987年に米国と当時のソ連の間で締結された中距離核戦力全廃条約(INF)が失効した。同条約は射程距離500~5万キロのミサイルの開発および使用を禁じていたが、今回、ロシア国防省が発射演習を行った弾道ミサイルはR-29RMU「シネヴァ」、R-30「ブラヴァー」とも条約で禁止されたミサイルの対象には含まれない。

8月中旬、米国はINF失効後に先に巡航ミサイルの発射実験を行った。これを受け、プーチン大統領は8月23日、米国の実験に対して「シンメトリックな対抗策を講じる」よう指示した。ロシアは、米国がミサイル発射実験を行うためにINFを破棄し、その失効を促したとの考えを示している。

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (146)
タグ
軍事, ミサイル, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント