00:59 2019年12月13日
2036年に向けロシア男性1人にどのくらいの女性が「アピールする」? 人口学統計

2036年に向けロシア男性1人にどのくらいの女性が「アピールする」? 人口学統計

© Depositphotos / HASLOO
ロシア
短縮 URL
0 52
でフォローする

ロシア統計局の2036年までの予想によれば、ロシアの「男女」の割合は女性が多い傾向が維持される。男性の数が多い唯一の地域は、ロシア連邦の最東端にあるチュコトカとなる。

ロシア連邦国家統計局のデータでは、今日、チュコトカを除く国内のすべての地域で男性千人に対し女性は平均1154人となっている。

2036年までに状況の変化は少なく、男性千人に対し女性は1128人となる。

例がとなるチュコトカは今日、男性千人に対し女性はたった956人、2036年に向けてはさらに減少し813人となる。

専門家によれば、2031年から男性の数的優位がカムチャッカ半島で見受けられる。

高い死亡原因

専門家らはロシアでの女性の優位性を男性のより高い死亡率と関連させている。

統計局のデータによれば、ロシアでは男性と女性の出生比率はほぼ同じとなっている。

たとえば、出生から4歳までの男の子千人に対し、女の子は947人となる。20~25歳での状況は男性千人に対し女性はすでに1023人になっている。

年齢とともに女性の数的優位はさらに拡大する。60歳では男性1人に対し女性2人が「アピール」することとなる。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント