02:00 2019年12月13日
タルコフスキー監督

タルコフスキー監督についての伊映画 秋にロシアで公開

© Sputnik / RIA Novosti
ロシア
短縮 URL
0 20
でフォローする

有名なソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーについてのドキュメンタリー映画「タルコフスキー:シネマ・プレイヤー」がロシアで秋に公開される。映画はタルコフスキー監督の息子でイタリア在住のアンドレイ・タルコフスキー監督が手掛けた。ロシアでの公開は9月下旬から10月上旬を予定。

イタリアでは8月28日に第76回ヴェネツィア国際映画祭が開幕し、30日にはこの映画祭でドキュメンタリー映画「タルコフスキー:シネマ・プレイヤー」が公開された。

監督のアンドレイ・タルコフスキー(息子)によれば、映画製作が始まったのは2003年のこと。当時はタルコフスキー(父)監督と共に仕事をした関係者のインタビューも取り入れる予定だったが、経済的な問題で制作が滞る時期が多かった。その間、タルコフスキー(父)監督についての研究や資料が次々と公開されていったため、アンドレイ監督は方針を変更。息子が父について語るモノローグとして映画製作を継続することとした。

映画の中では、アンドレイ監督の祖父で、20世紀ロシア文学を代表する詩人のアルセーニー・タルコフスキーも取り上げられている。アンドレイ監督によれば、祖父・アルセーニーの詩学こそ、タルコフスキー(父)監督の創作源になっている。

関連ニュース

タグ
映画, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント