04:16 2020年10月23日
ロシア
短縮 URL
0 51
でフォローする

世界初の浮体式商業原発「アカデミック・ロモノソフ」が基地である極北、チュクチ(チュコトの表記もあり)自治管区ペヴェク市に到着した。ロスアトム社がウエブサイトで伝えている。

目的地到着まで約9000キロを移動した。「アカデミック・ロモノソフ」はチュクチ自治管区に向けてムルマンスクを8月23日に出発した。この海上原発は2つの地上原発に替わるものとなる。

浮体式原発が稼働すると、ロシア国内の現役の原発の数は11になる。


水上原子力発電所の発電量は70メガワットで、2019年12月31日までに稼働開始する。

「アカデミック・ロモノソフ」原発施設には沿岸インフラ、水技術インフラも含まれ、このおかげで沿岸部に電気エネルギー、熱エネルギーを輸送することができる仕組み。

この型の原発は従来型に比べて災害事故対策システムが付加され、より安全性が高く、工場での修繕作業も12年は行わなくてすむように作られている。

タグ
原子力, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント