18:49 2019年10月18日
女性

ロシア女性の育休期間は世界最長

© Fotolia / Kaspars Grinvalds
ロシア
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (63)
0 50
でフォローする

ロシア女性が育児休業で過ごす時間は世界で最も長いという。スプートニク通信の取材に対して、プレハーノフ記念ロシア経済アカデミー のエレナ・エゴロワ助教授が語った。

エゴロワ助教授によると、多くの先進国における育児休業は3-4カ月以内で、常に有給が保障されているわけではない。女性は職を失わないよう、また収入を出来るだけ早く前のペースに戻そうと、かなり早い時期に仕事に復帰する。ロシア女性はその意味でより有利な状況にある。

ロシアの育休

ロシア連邦統計局によると、ロシア女性の育休期間は平均29カ月。ただし法律では子どもが3歳になるまで休業が保障されている。その際、エゴロワ助教授によると、ロシア女性の職は確保され、毎月の給与はロシア連邦社会保険基金から3年間支払われる。

ロシアと育休の状況が最も似ているのはノルウェーであり、公式有給休暇は61週、つまり約14カ月だ。一方アメリカでは、育休中の女性に雇用の維持は保障されず、休業は無給で12週だという。

日本はどうか?

日本女性の状況はアメリカよりも上だが、ロシアに比べれば有利ではない。日本は出産予定日の6週間前から出産後の8週間が産休として与えられる。この14週間の給与は、公務員であれば満額支払われる。民間企業における産休・育休中の給与の扱いは様々だ。子どもが1歳になるまでの育児休業については取得の要件が規定されている。詳しくは厚労省のHPを参照。

関連記事

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (63)
タグ
研究, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント