11:10 2019年12月15日
アルコールを飲んでいる男性(アーカイブ写真)

ロシア 60歳未満男性の死亡原因、3割以上はアルコール

© Depositphotos / RomarioIen
ロシア
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (76)
0 50
でフォローする

ロシア循環器系医学研究センターのセルゲイ・ボイツォフ所長は、ロシアにおける60歳未満の男性の突然死の30%から40%は、アルコールに何らかの関連があると主張している。

ボイツォフ所長によると、アルコールは不整脈による心停止を誘発し、突然死の一般的な原因となりつつあるという。

アルコール摂取は、重大なケガや致命的な交通事故にもつながる。人体に影響のないアルコール許容量という説は皆、嘘偽りだと所長は語る。というのも、「安全な」アルコール量は存在しないからだ。

ボイツォフ所長は、アルコール消費の危険性を指摘する上で、世界の医学界の共通した意見を紹介した。世界保健機構(WHO)2018年報告書の中で、世界中でアルコール摂取により毎年300万人の死亡が確認され、それは死亡件数の5.3%に相当すると明確に書かれている。年齢20-39歳の人びとでは、アルコール起因の死亡数はもっと高く、13.5%だ。世界保健機構の専門家らはまた、アルコールと一連の精神障害との関連性についても解明している。

関連記事

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (76)
タグ
医学, 健康, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント