06:02 2019年12月09日
電気自動車(EV)「リーフ」(アーカイブ写真)

モスクワ市長 首都のカーシェアリングを個人的に評価 ヤンデックスが日産の電気自動車リーフを補充

CC BY 2.0 / First Energy Corp / 2018 Nissan Leaf
ロシア
短縮 URL
0 31
でフォローする

首都のカーシェアリングサービス「ヤンデックス・ドライバー」(ヤンデックス社提供)が、日産の電気自動車リーフを30台補充した。IT企業を訪問したモスクワのセルゲイ・ソビャーニン市長がはじめて新車について評価した。

ソビャーニン市長は、モスクワのすべての環境問題の90%は、工場ではなく、毎日首都の道路を行き来する普通自動車によるものと指摘した。

ソビャーニン市長は、そのため、ガソリンエンジンを段階的に放棄し、電気自動車の利用に移行することが必要だと強調した。

​市長によれば、モスクワはすでに警察用に一定の電気自動車を購入し、電気自動車用の充電ステーションのネットワークを広げていく計画だという。

ヤンデックス社によれば、新しい電気自動車は充電なしで270キロ走行することが可能なため、利用者たちは充電なしで30分と1時間、1時間30分の間、自動車をレンタルすることができる。自動車の充電はサービススタッフが行うので、利用者はこの点を考える必要はない。

タグ
自動車, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント