16:46 2019年12月08日

金箔と香料入りウォッカの製造禁止の可能性 ロシア

© Depositphotos / Pawel Prochnicki
ロシア
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアでは、2021年から金箔、動物性香料入りのウォッカの製造を禁止する可能性がある。

ロシア日刊紙「イズべスチヤ」が、ロシア連邦アルコール市場規制庁のアルコール、リキュール、ウォッカなどの酒類製品に関する作業部会の報告を引用して報じた。

報道によると、非植物由来の原料の使用が禁止された場合、アルコール市場では品数が減少する。

また、現行のロシアの標準規格では、ウォッカに3グラム以下の金箔、銀箔、コインを入れることが可能とされている。

ロシアでは、こういった装飾要素を使用する可能性は、製造業者が記念日向けの製品を製造する際に与えられている。通常、金箔、銀箔、硬貨入りのウォッカは、さまざまな記念日に合わせて製造され、特別仕様の包装で販売されている。海外の企業もこのマーケティング手法を利用している。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント