09:20 2019年12月12日
プーチン大統領

プーチン大統領 2030年までのロシア軍の主要な課題について表明

© Sputnik / Alexei Druzhinin
ロシア
短縮 URL
0 72
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は、軍の近代兵器と装備のシェアを最大70%まで引き上げる必要があると要求した。また同大統領はレーザーと極超音速兵器システムのライン拡大について賛意を示した。

今後数年のうちに軍や艦隊、その他の実力組織の現代兵器のシェアは最大70%まで拡大する必要があり、その後はこの水準を維持する。このことについてウラジーミル・プーチン大統領はロシア連邦安全保障会議の場で表明した。

プーチン大統領によれば、現在、軍の近代兵器と装備の割合は68%で、いくつかのサンプルは同様の外国軍のものより性能に関しては「数年先を行く」という優位性を持っている。

この割合についてはこれまで58.9%だった。

プーチン大統領は、戦略的核兵器に関して、「それらは潜在的侵略国の抑止と世界の力関係の維持にとって鍵となる役割を担っている」とし、近代兵器のシェアはさらに高める必要があると強調した。

以前、ロシアの国防大臣は、ロシア連邦は6年間で30倍以上に高精度の巡航ミサイルの数を増加させてきたことを明らかにしている。

タグ
核兵器, ロシア軍, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント