23:32 2020年08月11日
ロシア
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (175)
161
でフォローする

ロシアのボクシング代表選手らが国旗なしでの東京五輪への参加を拒否した。ロシアボクシング連盟のウマル・クレムレフ事務局長がスプートニクに明らかにした。

WADA執行委員会は9日、全会一致で独立委員会(CRC)の勧告を採択し、五輪とパラリンピックを含む大きな国際スポーツ大会へのロシア選手の参加を4年間認めないこととした。

クレムレフ事務局長は、「代表チームは国旗なしでの五輪参加を拒否する。選手たちは国旗のもとに出場する権利を得られるよう裁判を通じて申請している。現在、ロシア五輪委員会とロシア反ドーピング機関の対応を見守る必要があるが、私たち自身はこの決定に反論する可能性について検討を行っている。しかし、全選手がこのことを願っている。私たちにとってもっとも重要なことは、私たちボクシング選手がロシアの旗のもとに出場し、国家を響かせるということだ。それができないのであれば参加する意味がない」と強調した。

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (175)
タグ
五輪, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント