01:47 2020年05月30日
ロシア
短縮 URL
0 11
でフォローする

17日にロシアの国境警備局によって南クリル諸島クナシル島(国後島)に連行された北海道根室市の漁協に所属する漁船5隻が24日に解放された。共同通信がロシア国境警備局の発表をもとに伝えた。

ロシアの裁判所は同日、南クリル諸島の周辺海域で操業していた漁船5隻について、漁獲量に関する規則違反を認定し、船長らに対し、罰金約640万ルーブル(約1100万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。

日本の外務省などによると、漁船は午前10時ごろ国後島を出港し、根室に向かった。

南クリル諸島の周辺海域で日本漁船の拿捕が相次いだことから、「安全操業」は1998年の露日政府間協定に基づいて行われている。

操業条件は毎年の交渉で決まる。2019年の漁獲量はタコ漁が216トンとなっているほか、スケソウダラが955トン、ホッケが777トンで設定されている。

タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント