01:50 2020年07月05日
ロシア
短縮 URL
0 30
でフォローする

プーチン大統領は25日夜、新年を前にしたナイト・アイスホッケー・リーグに参加した。大統領は恒例と化した11番の背番号で、赤の広場に用意されたリンクに登場、次々と得点をあげてチームの勝利に貢献した。

セルゲイ・ショイグ国防相も赤のユニフォーム姿でリンクに登場し、プーチン大統領とともにプレイした。

同じチームでは、パーベル・ブレやワレリー・カメンスキー、セルゲイ・フョードロフ、アレクセイ・カサトノフなど、アイスホッケー界のレジェンドが活躍した。

一方の対戦チームは白のユニフォームで、モスクワ州のアンドレイ・ヴォロビヨフ知事、トゥーラ州のアレクセイ・デューミン知事に加え、実業家のゲンナジー・チムチェンコ、ウラジーミル・ポタニン、ロマン・ロテンベルグがプレイした。

試合ではプーチン大統領が次々と得点をあげ、8対5で赤のチームが勝利した。

2018年12月29日にも同様の試合が開催されていた。

関連ニュース

タグ
アイスホッケー, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント