06:27 2020年02月19日
ロシア
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアは2019年、打ち上げ用ロケットを25回打ち上げ、すべての打ち上げが成功した。1年間に事故が1度も発生しなかったのは16年ぶり。ロシア国営宇宙企業ロスコスモスがサイトで発表した。

バイコヌール宇宙基地から13回、プレセツク宇宙基地から8回、ボストーチヌイ宇宙基地から1回、ギアナ宇宙センターから3回打ち上げられた。

国別のロケット打ち上げ数では、中国が1位(打ち上げ数33回、成功数31回)、米国が2位(打ち上げ数27回)、ロシアは3位(25回)だった。中国は年内にさらに2回の打ち上げを予定している。

ロスコスモスは、2010年から2018年にかけて毎年1回~3回の打ち上げに失敗していた。


過去10年間で最も失敗が多かったのは2011年で、ロスコスモスは惑星間ステーション「フォボス・グルント」、補給船「プログレスM-12M」、通信衛星「エクスプレスAM4」を失った。


2018年10月には、ロシアのアレクセイ・オブチニン宇宙飛行士とNASAのニック・ヘイグ宇宙飛行を乗せた宇宙船「ソユーズMS-10」の打ち上げ時に事故が発生した。「ソユーズMS-10」の打ち上げロケット「ソユーズFG」の2段目のエンジンが停止し、オブチニンとヘイグ両宇宙飛行士はカプセルで脱出し、カザフスタンに無事帰還した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント