22:25 2020年05月28日
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (203)
0 21
でフォローする

ロシア国防省は2019年に国家防衛調達に基づく武器購入および活動に1兆5千億ルーブル(約2兆6400億円)を費やした。アレクセイ・クリヴォルチコ国防副大臣が明らかにした。同副大臣の発言をもとにロシア連邦軍機関紙「クラスナヤ・スベスダ」が伝えている。

クリヴォルチコ国防副大臣は、これら資金の68%以上が一連のハイテクモデルの調達に充てられた、と付け加えた。副大臣によると、これにより各軍隊の現代的兵器の軍備水準を維持できたという。

露国防相
© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
これより前、セルゲイ・ショイグ国防相は今年のロシア連邦軍の戦闘能力は14%上がったことを伝えた。

国防相によると、新しく近代化された武器の割合は68.2%になるという。

2月24日にプーチン大統領は、ロシア兵器は外国よりも優れていなければならないと発言した。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (203)
タグ
ロシア国防省, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント