23:47 2020年11月30日
ロシア
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアの統一航空機製造会社(UAC)は、新しい操縦席を備えた軽量のMiG-35戦闘機の新たな輸出バージョンを生産している。UACのスリュサル最高責任者が、通信社スプートニクに伝えた。

輸出用のMiG-35戦闘機では、翼の幾何学的形状が変更され、航空機搭載レーダー装置のシステムが刷新された。システムには、最大30個の空中の目標を同時に捕捉および追跡できるアクテイブ・フェードドアレイ・アンテナを備えたレーダーが含まれている。

輸出版MiG-35には、推力を増強した新たなエンジンが搭載されており、飛行中に燃料を補給し、タンカーの役割を果たすこともできる。


MiG-35は、最新の多目的第4++世代戦闘機。乗員数は1人または2人、最高速度は時速2100キロ、最大航続距離は3000キロ。初号機と2号機は今年7月にロシア航空宇宙軍に納入された。

MiG-35は、短距離、中距離、長距離の「空対空」誘導弾や、地上(水上)の目標に対して撃たれる「空対地」ミサイルなど、広範囲にわたる武器を搭載することができるほか、30mmの自動砲が内蔵されている。

  • ミグ35戦闘機
    ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
  • ミグ35戦闘機
    ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Sergey Mamontov
  • ミグ35戦闘機
    ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Maksim Blinov
1 / 3
© Sputnik / Ramil Sitdikov
ミグ35戦闘機

今年の夏に開催された第14回国際航空宇宙サロン(MAKS-2019)では、最新のMiG-35戦闘機の購入について複数の国からロシアに問い合わせがあったことが明らかとなった。詳細は明らかにされていないが、専門メディアは、インド、トルコ、エジプト、ベラルーシが購入する可能性があると報じた。

関連記事

タグ
ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント