19:29 2020年10月31日
ロシア
短縮 URL
筆者 :
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (229)
0 81
でフォローする

米誌「ナショナルインタレスト」は最も脅威あるソ連開発・製造兵器トップ5を挙げた。

自動小銃カラシニコフ(AK-47)

第1位は自動小銃AK47「カラシニコフ」(1947年設計)。同誌によると「カラシニコフ」の最大の利点は比較的軽量であり、組立てと使用がシンプルなことだ。

© AP Photo / Vladimir Vyatkin
ミハイル・カラシニコフ氏

潜水巡洋艦「タイフーン」

2位に入ったのは潜水巡洋艦「タイフーン」。規模は米国の潜水艦「ロサンゼルス」の3倍であり、他の同様の潜水艦を約1万トン上回る。

潜水巡洋艦「タイフーン」

中戦車T-55

第3位は中戦車T-55。砲力、高い防衛力、機動性を兼ね備えていた。

T-55戦車
© Sputnik / Mikhail Voskresensky
中戦車T-55
爆撃機Tu-160

その次は可変翼超音速戦略爆撃機Tu-160で「白鳥」のコードネームがついている。同誌は、夜間や困難な気象条件での行動能力を指摘している。そのほか、同機は核弾頭巡航ミサイルをはじめとする22トンの弾薬を運ぶことができる。

Cтратегический бомбардировщик-ракетоносец Ту-160
© Sputnik / Алексей Никольский
爆撃機Tu-16
122mm榴弾砲M1938(M-30)

第5位には1938年製造の122mm榴弾砲M1938が入った。最大11.8kmの距離から標的を撃ち、1分間に5-6個の21kg高爆弾薬を発射することができた。加えて、製造がシンプルで安価にもかかわらず、戦場では大きな力を発揮した。

M-30 122mm榴弾砲
© 写真 : LostArtilleryman
122mm榴弾砲M1938(M-30)
トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (229)
タグ
軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント