01:55 2020年08月12日
ロシア
短縮 URL
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルス (42)
0 0 0
でフォローする

ロシアのゴリコワ副首相は、乗船者に新型コロナウイルスの感染が確認された日本に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、乗船しているロシア人との連絡を確立したと発表した。

ゴリコワ氏によると、対策本部と大使館、外務省は、「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船しているロシア人との連絡を確立した。状況は管理下に置かれているという。

新型コロナウイルス感染拡大のリスクから検疫中のクルーズ船クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」には、ロシア人24人が乗っている。ゴリコワ氏は、ロシア人の感染者はいないことを確認した。

ロシアツアーオペレーター協会によると、「ダイヤモンド・プリンセス」では10人から新型コロナウイルスの感染が確認された。うち2人はオーストラリア人、日本人3人、香港からの旅行者3人、米国からの旅行者1人、フィリピン人の乗務員1人だという。

ダイヤモンド・プリンセス号の検疫期間は14日間。乗客は全員、客室から出ることが禁止されている。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルス (42)
タグ
病気, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント