11:48 2020年04月01日
ロシア
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシア国防省は、バレンツ海で行われた最新のフリゲート「アドミラル・カサトノフ」のテスト動画を公開した。

高精度のミサイル兵器による攻撃から船舶を保護するために、偽目標をつくり出したり、障害を引き起こす船舶システムのテストが行われた。

22350 型フリゲート「アドミラル・カサトノフ」の量産型1番艦は、2019年末までに艦隊に引き渡される予定だったが、バレンツ海の嵐により、テストが終わらなかった。

なお来年、ロシア艦隊には、現在、近代化が行われている、ロシア唯一の空母アドミラル・クズネツォフも戻ってくる。

昨年、修理と刷新が行われていたアドミラル・クズネツォフで火災が発生したが、作業完了時期の変更に関する発表はなかった。

タグ
ロシア, 軍事, 武器・兵器, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント