12:41 2020年09月28日
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (216)
0 101
でフォローする

第4++世代ジェット戦闘機「Su-35」は米国の戦闘爆撃機F-15EXよりも優れている。軍事専門ニュースサイト「ミリタリー・ウォッチ」が報じた。

両戦闘機はインド空軍への入札に参加している。記事の著者らは、どちらの戦闘機も入札に勝つチャンスはあるが、Su-35の方がより多くの利点があるとみている。

ミリタリー・ウォッチの著者らは、F-15EXの最大速度(マッハ2.5)はSu-35(マッハ2.25)より上回っているが、ロシアのSu-35にはF-15EXのものより強力なレーダー「イルビスEレーダー」を装備していると指摘している。

さらにSu-35には超音速ミサイルなどの最新兵器が実装されており、最大30個の空中標的を追跡し、そのうちの最大8個に命中させることができる。一方、米国のF-15EXには超音速ミサイルが搭載されていない。

機敏性に優れたSu-35は、空での優位性を獲得、あらゆる規模の紛争における航空支援、阻止攻撃の維持という目的を達成するように設計されている。Su-35は、「空対空」だけではなく「空対地」のすべての最新式、将来性のある戦術兵器を使用することができる。

F-15EXは、米国の複座戦闘機F-15E「ストライクイーグル」を改良した最新戦闘爆撃機。同機には22基の空対空ミサイル、最新のAESAレーダーが搭載されている。1月、米空軍はF-15EXの最初のロットの購入を開始した。

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (216)
タグ
軍事, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント