21:38 2020年04月01日
ロシア
短縮 URL
0 64
でフォローする

ロシア国防省は、ロシア航空宇宙軍のTu-95MS戦略ミサイル輸送機2機が、日本海および北西太平洋の公海上で、事前に予定されていた飛行を実施したと発表した。

飛行時間は9時間以上に及んだ。飛行のある段階では、日本の航空自衛隊のF-2戦闘機の監視を受けた。

長距離機による北極海、北大西洋、黒海、バルト海、太平洋の公海上の飛行は定期的に実施されている。ロシア航空宇宙軍機の全ての飛行は、空域利用に関する国際規則に厳格に従って行われている。

タグ
ロシア軍, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント