22:19 2020年06月05日
ロシア
短縮 URL
0 21
でフォローする

クリル国立自然保護区の全ての地形や店などの情報が盛り込まれたデジタルマップが登場した。ロシアの地理情報技術ソフトウェア開発企業「データ・イスト」が伝えている。

このマップでは、同区域の山、岬、入江、峠の情報を知ることができる。観光客用の宿泊地のほかに、売店、薬局、病院、郵便局などもマップ上に表示される。このアプリではユーザー同士でマップ上にポイントを置いたり、情報を共有することもできる。「データ・イスト」によると、このマップはインターネットに接続していなくても利用できる。

  • クリル国立自然保護区
    クリル国立自然保護区
    © Sputnik / Andrey Shapran
  • クリル国立自然保護区
    クリル国立自然保護区
    © 写真 : Yuriy Sundukov
  • クリル国立自然保護区
    クリル国立自然保護区
    © Sputnik / Ekaterina Shtukina
  • クリル国立自然保護区
    クリル国立自然保護区
    © Sputnik / Ekaterina Shtukina
  • クリル国立自然保護区
    クリル国立自然保護区
    © Sputnik / Andrej Shapran
1 / 5
© Sputnik / Andrey Shapran
クリル国立自然保護区

クリル国立自然保護区の行政機関は、このマップの登場は、同機関にとっても、サハリン州全体にとっても「ビックイベント」だと評した。

同区域のマップを利用するには、アプリ「CarryMap」が必要。


クリル国立自然保護区は、南クリル諸島の火山景観、地域の動植物相、海洋および沿岸の生態系の保護のために1984年に設立された。

この自然保護区は、クナシル島と隣接する小クリル列島が位置する3つの区分で構成され、その総面積は6万5400ヘクタール。

保護区内にはニホンヅルの営巣地やアザラシの群生地が存在する。同地にはロシアの他の地域では見られない植物が生育し、これらはロシアのレッドリストに記載されている。クナシル島にはヒグマが生息している。

関連記事

タグ
ロシア, 自然, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント