02:50 2020年07月12日
ロシア
短縮 URL
0 22
でフォローする

ロシアの元燃料・エネルギー大臣で、エリツィン政権第1期の閣僚を務めたウラジーミル・ロプーヒン氏が新型コロナウイルスに感染し、死亡した。68歳だった。

ロシアPBK紙がロプーヒン氏の友人である作家のデニス・ドラグンスキー氏の話をもとに伝えた。訃報についてはロプーヒン元大臣の親族が「ラジオ・スヴォボダ」で認めた。

ロプーヒン氏は1991年11月から1992年6月までエネルギー大臣を務めた。同氏の後任は後に首相となったヴィクトル・チェルノムイルジン氏だった。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント