09:14 2020年11月25日
ロシア
短縮 URL
0 24
でフォローする

ロシア・東シベリアの南部に位置するバイカル湖が急速に透明性を失っている。水中微生物に大きな変化が起こっていることが分かった。イルクーツクの研究者らの調べで、濁りの原因は水をろ過する海綿動物の大量死滅だと明らかになった。

専門家によると、10年前であればこのような現象は一部に限ったことであったが、今では湖のいたるところで起きている。近いうちにバイカル湖全般が完全に濁る可能性も否定できないという。

調査関係者は、微生物死滅の正確な原因はまだ把握できていないが、「何らかの変化が起こっている」と指摘している。

これより前、バイカル湖のアザラシの大量死について報道されていた。

バイカル湖は世界で最も水深があり、最古の湖ともいわれている。発生は約2500年前とされている。世界の淡水量4分の1を保有し、水はクリーンで透明なことで知られている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Турфирма "Александрия" (@aleksandria_tour)

タグ
自然, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント