04:22 2020年08月15日
ロシア
短縮 URL
1111
でフォローする

Be-200水陸両用機「アルタイル」がロシア海軍に初めて就役した。近い将来、このユニークな飛行艇が軍に配備され始める。ロシア紙「イズベスチヤ」が報じた。

事前に入った情報によると、ロシア海軍はBe-200を加えた複数の航空部隊を編成する予定。その第一弾が、カスピ小艦隊に登場する。他の艦隊でも同様の部隊の編成や配置を行うかどうかは、現在も検討中。

専門家らによると、「アルタイル」は、救援作戦や水域の警備、将来的には敵の潜水艦の破壊作戦に役立つ可能性がある。軍事専門家のドミトリー・ボルテシコフ氏によると、同飛行艇は強い波でも着水・離水が可能で、これは最新技術においても珍しい性能だという。

Be-200の派生型Be-200ChSは、世界唯一の水陸両用ジェット機。12トンの水を搭載でき、消火活動の際には圧倒的な速さで現場に到着する。1時間の排水量は大きく、1回の給油で飛行場から100キロメートル先の火事の現場、10キロメートル先の水域に到着し、最大270トンの水を放水することができる。

関連記事

タグ
飛行機, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント