22:35 2020年11月26日
ロシア
短縮 URL
162
でフォローする

ロシアは同国近代史上初めてミストラル級ヘリ空母(ヘリコプター搭載型強襲揚陸艦)2隻の建造を開始する。造船業界筋が通信社スプートニクに伝えた。

1隻目は「セヴァストポリ」と命名される予定。

オープンソースによると、プロジェクト23900ヘリ空母の排水量は2万5000トンとなる。推定建造費は400億ルーブル超(約602億ドル超)。

1隻目は2027年までに引き渡される計画。

2011年、フランスのDCNS/STXとロシアのロソボロネクスポルトはミストラル級ヘリ空母2隻「セヴァストポリ」と「ウラジオストク」を12億ユーロで建造する契約を結んだ。2隻の建造は2012年と2013年に始まったが、2014年のウクライナでの出来事とロシアに対する制裁の発動により、契約は破棄された。最終的にヘリ空母はエジプトに売却され、エジプト海軍に引き渡された。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, ロシア, 軍事, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント