00:18 2020年08月14日
ロシア
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア国防省は、中央軍管区の演習に参加したT-72B3戦車の映像を公開した。アルゼンチン紙「クラリン」が同戦車の驚くべき性能に注目し、報じている。

動画では、オレンブルク地方での演習でT-72B3が水深5メートルの川に進水する様子が確認できる。

クラリン紙は「T-72B3の車体が水中に完全に隠れ、対岸に姿を現すと何事もなかったかのように任務を遂行し続けるのは驚きだ」と述べている。

さらに同紙は、ロシア国防省の「衝撃的な映像」に「とても感動した」と報じている。

クラリン紙はT-72B3が「前代未聞の致死兵器」であるとし、潜水艦のようだと評している。映像の説明にもあるように、同戦車には特殊なダクトが装備されている。さらにT-72B3は特殊な誘導装置によって、移動中の停止や急な方向転換を防ぐように設計されている。

T-72B3は、ロシアの主力戦車Т-72シリーズの1つ。改良型T-72B3は、T-90A主力戦車の代替として開発された。

関連記事

タグ
ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント