02:12 2020年09月22日
ロシア
短縮 URL
0 22
でフォローする

ロシアの兵器製造企業「カラシニコフ・コンツェルン」は、スマートフォンと接続できる「スマートな」小銃「MP-155ウルティマ」を開発した。この小銃の基礎となったのは、ハンディングライフルMP-155。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Калашников (@kalashnikovmedia)

同社の投稿動画から判断すると、MP-155ウルティマには「カメラ」、「メディア」、「射撃」、「時間」、「設定」、「コンパス」のメニュー表示がある。さらに同小銃には、コリメーター照準器も装備されている。他の特徴については、まだ明らかになっていない。

MP-155ウルティマの試作機は、8月下旬に開催される軍事技術フォーラム「アルミヤ2020」で公開される。

同フォーラムでは、カラシニコフ社製でNATO軍の標準口径5.56ミリで開発した新型ライフルAK-19も公開予定。

関連記事

タグ
ロシア軍, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント