12:58 2020年10月20日
ロシア
短縮 URL
0 111
でフォローする

ロシア国営企業「ロステック」傘下の統一航空機製造会社(UAC)は、2023年までにジェット旅客機「スホーイ・スーパージェット100(SSJ100)」の派生型となる「スホイ・スーパージェット・ニュー」を開発・製造する。また、この新型機にはロシア製の部品が使用される。

ロシア紙ベドモスチがロステックとUACに近い匿名の情報源を引用して報じたところによると、新型旅客機の開発に1200〜1300億ルーブル(約1670〜1800億円)が割り当てられる。

ии Red Wings
© Sputnik / Ramil Sitdikov
SSJ100

この開発費の約半分かそれ以上の金額が、SSJ100で使用中の露仏製エンジンSam146の代わりとなるロシア製エンジン「PD-8」の開発に費やされる予定。このエンジンは、新型機の他に多目的用水陸両用機Be-200にも用いられるという。

スホーイ・スーパージェット100(SSJ100)は、ロシアで初めて「ゼロから」開発された民間旅客機。様々な航空会社が2011年以降、同型機を運用している。SSJ100を最も保有しているのは、ロシアの航空会社アエロフロート(50機以上)。海外の航空会社も同型機を運用している。

タグ
飛行機
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント