11:59 2020年10月20日
ロシア
短縮 URL
0 11
でフォローする

新型コロナウイルスの感染再拡大が進む中、ロシア最大手の国営銀行ズベルバンク(貯蓄銀行)はモスクワ市政府と連邦消費者権利保護・福祉分野監督庁による勧告を受けて、全社員のおよそ半数をリモートワークとする決定を下した。銀行の広報部がリアノーボスチ通信による取材に応じた中で明らかにした。

ズベルバンクでは新型コロナウイルスのパンデミック宣言以降、社員のうち7万4000人をリモートで職務にあたらせた経験があることから、感染再拡大を受けて再びリモートワークの導入を決定した。

ただし、一部の社員は業務内容の関係上、出社する必要性があるため、ソーシャルディスタンスと検温の徹底に加え、PCR検査の定期的な実施など、十分な感染拡大防止対策を講じて対面勤務にあたらせるという。

新型コロナウイルス対策本部によれば、ロシアでは過去24時間に84地域で新型コロナウイルスの感染者が新たに6595人確認された(7月中旬以来最多)。新規感染者数が最も多かったのはモスクワで1050人。

ロシア全土では過去24時間に新型コロナウイルスで149人が死亡、6130人が回復した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント