02:49 2020年11月30日
ロシア
短縮 URL
0 90
でフォローする

世界最強力の原子力砕氷船アルクチカが、ロシアの原子力艦隊に正式に加わった。式典にはロシアのミハイル・ミシュスティン首相が出席した。

アルクチカは全長173.3メートル、幅34メートル、排水量3万3500トンで、試験を終えて先週ムルマンスク港に到着した。アルクチカは3週間で約4800海里を航行した。アルクチカは氷に囲まれた状態でシステムや装置のチェックを行いながら北極点に到達した

  • ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    © Sputnik / Pavel Lvov
  • ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    © Sputnik / Pavel Lvov
  • 原子力砕氷船「アルクチカ」の機関室
    原子力砕氷船「アルクチカ」の機関室
    © Sputnik / Pavel Lvov
  • ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    © Sputnik / Pavel Lvov
  • 「アルクチカ」原子力砕氷船
    「アルクチカ」原子力砕氷船
    © Sputnik / Pavel Lvov
  • ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」
    © Sputnik / Pavel Lvov
1 / 6
© Sputnik / Pavel Lvov
ムルマンスク港に到着した原子力砕氷船「アルクチカ」

アルクチカ型砕氷船は世界で最も強力かつ大きな砕氷船。北極圏におけるロシアの優位性を確保するために必要であり、最大厚さ3メートルの氷を割りながらキャラバンを先導することができる。「アルクチカ」は、極地の川の河口と北極海の両方で使用することが可能。

関連ニュース

タグ
びっくり, 北極, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント