22:43 2021年05月07日
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (263)
0 70
でフォローする

ロシア空軍は、ウラジーミル・プーチン大統領の指導のもと、核戦力訓練の一環で弾道ミサイル2発、また巡航ミサイル数発の発射を実施した。8日、国防省が発表した。

同省によれば、8日、戦略的攻撃力の統括訓練が最高司令官の指導のもとで実施された。

ロシア戦略ロケット軍の発射装置の算定と、戦略的航空隊および北方艦隊の原子力潜水艦の乗組員の活動演習が実施された。

発射訓練はアルハンゲリスク州のバレンツ海水域に位置するプレセツク宇宙基地で行われ、また、戦略的爆撃機Tu-160とTu-95による飛行訓練はエンゲリス市とウクラインカ市の飛行場で実施された。

戦略的爆撃機の攻撃演習はクーラおよびペムボイの試験場で取り組まれた。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (263)
タグ
軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント