17:17 2021年01月18日
ロシア
短縮 URL
0 42
でフォローする

ロシア航空宇宙軍の戦闘機MiG-31が米空軍の偵察機による領空侵犯を防ぐため、ベーリング海上空で飛行を行った。ロシア国防管理センターが発表した。

ベーリング海の空域を管理するロシア航空宇宙軍の部隊が公海上空で米軍機を確認した。

米軍機がロシアの国境に接近したことから、太平洋艦隊の戦闘機MiG-31がスクランブル発進して、戦闘機の種類を識別(偵察機RC-135と判明)したほか、米軍機に随伴飛行を行い、領空侵犯は回避された。

飛行は全体を通して、空域利用に関する国際ルールを厳守した形で行われた。

米軍機がロシアとの国境から離れたことを確認し、戦闘機は基地に戻った。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント