23:22 2021年04月20日
ロシア
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシア科学アカデミー宇宙研究所の研究責任者レフ・ゼリョヌィ氏がロシア初の金星ミッションの詳細を語った。

金星探査機「Venera-D」の打上げは2029年に予定されているという。探査機は金星の大気、地表、内部構造、周囲のプラズマなど総合的な調査を行う。

金星へのミッションはソ連時代に宇宙プログラムの一貫として実施されてきた。1980年代末には探査機の金星着陸が実現し、温度計測、金星から写真転送、また録音も行われていた。

スプートニク通信では以前、北極圏観察を行うロシア衛星「アルクティカ-M」第1号の打上げについて伝えている。

関連ニュース

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント