07:38 2021年08月05日
ロシア
短縮 URL
0 30
でフォローする

人類初の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンが死亡した飛行機墜落事故の原因は依然、明らかになっていないが、航空機がゴム気球に衝突した可能性があるとソ連の宇宙飛行士、ボリス・ヴォルィノフ氏がリアノーボスチ通信からのインタビューに対し語った。

ガガーリンは1968年3月27日、ウラジーミル・セリョーギン飛行士とともにジェット戦闘機MIG–15UTIで飛行中、墜落事故に遭い、死亡した。

ヴォルィノフ氏は、「死因を特定するのは困難。すべては不明である。多くの説があるが、どれが真実かは分からない。乗員がゴム気球を飛ばしたという説があるが、この装置は重量が1キロほどあり、飛行機が高速飛行中に衝突すれば、何があるかは分からない。しかも高速で飛行しているときには、前もって気球の位置を知ることはできない」と述べた。

ヴォルィノフ氏は、この説は事故原因調査委員会にも提出されたと述べた。

3月22日、東京銀座のショッピングモール「キラリトギンザ」内のブロックチェーン企業向けビジネスハブ「バイナリスター」で、ガガーリンの有人宇宙飛行60周年を記念する展示会が開幕した。

関連記事

タグ
宇宙飛行士, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント