21:07 2021年05月15日
ロシア
短縮 URL
0 111
でフォローする

ロシア反独占局はグーグルに対して訴訟を起こしたと発表した。

当局の発表によると、グーグルはユーチューブのオーディオビジュアル・サービス市場における支配的地位を濫用している。こうしたグーグルの行為はユーザーアカウントの凍結や削除につながるという。

去年、米国はグーグルを反独占法違反で提訴した。

これより前、違法情報のシステム上から削除しなかったことに対し、ツイッターは1日に3回の罰金刑をモスクワのタガンスキー地方裁判所で言い渡された。以前、通信・情報技術・電子メディア・出版の政策立案及び規制監督の総合機関は、ロシア法に違反したとしてツイッターを訴えている。2017年から同社は機関データに関し禁止情報約3000件を削除しなかった。情報削除の要請をSNSは無視した。

関連ニュース

タグ
ロシア, Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント