12:31 2021年05月09日
ロシア
短縮 URL
0 21
でフォローする

ロシア連邦独占禁止庁(FAS)はApple社が独占的な立場を悪用しているとして、同社に対して1200万ドルの罰金を科したと発表した。

ロシア連邦独占禁止庁は2020年8月10日、Appleが市場の優位な立場を悪用し、アプリ開発者のペアレンタルコントロールを妨げ、アプリをApp Store.に登録する際に不透明なルールをしいていると判断したと明らかにしていた。

露独占禁止庁は、AppleがiOS向けのモバイルアプリの配信で100%のシェアを持ち、2018年10月以来一貫してペアレンタルコントロールのアプリ開発のためのツールや機能を制限した結果、サードパーティ製アプリの機能の多くが失われたと指摘した。

関連記事

タグ
Apple, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント