06:51 2021年06月14日
ロシア
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアの副首相アレクサンドル・ノヴァク氏(元エネルギー相)は、「ノードストリーム」を通じて欧州に供給されるロシア産天然ガスのカーボン・フットプリント(二酸化炭素の排出量)は、米国産ガスの4分の1だと述べた。

ノヴァク副首相は、「これは、米国では天然ガスのほとんどがシェールを水圧で粉砕する方法で生産されていることと主に関連している。ロシアは環境面でのリーダーシップを確保し、パートナーにクリーンなエネルギーを供給することに大きな注意を払っている」と強調した。

これよりも前、米エネルギー省のジェニファー・グランホルム長官は、天然ガスパイプライン「ノードストリーム2」の事業企業を制裁対象から外すというジョー・バイデン政権の決定を支持しないと明らかにした。同長官は、このプロジェクトが「メタンガス排出の安全性を確保せず、地球上で最も汚い天然ガスを輸送する」点で危険であると述べている。

これよりも前、バイデン大統領は、ノードストリームの事業が完了に近い現段階で制裁を科すことは逆効果になると認めていた。

関連ニュース

タグ
米国, ガス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント