10:30 2021年09月22日
ロシア
短縮 URL
0 43
でフォローする

ロシアのペスコフ大統領報道官は、黒海でロシアの領海を侵犯した英海軍の駆逐艦「ディフェンダー」について、これは挑発の道具であり、このような状況を利用して国境の保全を監視するシステムや対応システムの弱点を探り当てようとしていると述べた。

ペスコフ氏は「今回の場合、駆逐艦は単に挑発の道具だった。大統領は、このようにして国境の保全を監視するためのシステムや対応システムなどの弱点の調査が行われていると説明した。これは意図的でしっかりと計画された挑発だ」と述べた。

ペスコフ氏は、黒海での「ディフェンダー」を巡る挑発行為と似たような作戦の要点を計画しているのは『海の向こう側の上級の同志』であり、この状況で誰が決定を下したかをロシアの諜報機関は知っているとの考えを示した。

またペスコフ氏は、「ディフェンダー」を巡る事件と似たような状況が繰り返された場合、ロシアの対応は厳しくなるだろうと指摘した。

ロシア国防省は6月23日、英海軍の駆逐艦「ディフェンダー」がクリミア周辺で越境し、ケープフィオレント周辺でロシア水域内に3キロ侵入したと発表した。ロシアの国境巡視船は数度にわたる警告を行った後、警告射撃を行い、戦闘機SU-24もディフェンダーの進路に警告爆撃を行っている。

これに対し、英国は自国駆逐艦はウクライナの領海を平和裏に航行しており、誰に対しても射撃は行っていなかったにも関わらず、ロシアは「演習」を行ったとする声明を表した。ところが当時、ディフェンダーに乗船していた英BBCの記者はディフェンダーが故意に国境を侵犯したことを認めている

関連ニュース

タグ
英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント