04:21 2021年07月26日
ロシア
短縮 URL
0 11
でフォローする

東部軍管区の防空軍戦闘機MiG-31とSu-35がベーリング海水域で米空軍の地球規模攻撃軍団の戦略爆撃機В-52Нの監視を行った。ロシア連邦国家管理センター(ロシア国防省関連機関)が発表した。

同センターは、「2021年7月15日、ベーリング海中立水域の空域管理機関はロシア国境に接近する3機の空中ターゲットを発見した」と発表した。

発表によれば、空中ターゲットの識別とロシア国境空域への侵犯を防止するため、MiG-31とSu-35が発進した。

同センターは、「ロシア戦闘機の搭乗員は空中ターゲットが米空軍の地球規模攻撃軍団の戦略爆撃機В-52Нであることを確認しベーリング海水域で監視を行った」と説明した。 

報告によれば、米戦略的爆撃機が進路を変更しロシア国境から離れた後、ロシア機は航空基地に帰還したという。ロシア国境への侵犯は認められなかった。

関連ニュース

 

タグ
米国, ロシア国防省, 戦闘機, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント