15:35 2021年09月23日
ロシア
短縮 URL
0 60
でフォローする

ドイツのメクレンブルク=フォアポンメルン州で、不審者らによって1949年当時の政党が選挙活動に使用した、地図入りのプラカードが市中のあちこちに貼られる事件が起きた。地図には戦前の国境線が記されており、現在、ロシアの飛び地であるカリーニングラードがドイツ領となっている。この状況についてロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は声明を表し、同外務省がロシア連邦の領土保全の不可侵性に対して堅持する原則的な姿勢はよく知られていると語った。

「ロシア連邦の領土保全についての我々の原則的な姿勢はよく知られている。ドイツの公式的政権もドイツキリスト教民主同盟もまたこの問題に疑問を呈せず、このキャンペーンとは関りがないと推察している」ザハロワ報道官はロシアのSNSテレグラムのチャンネルにこう記した。

ザハロワ報道官は、ドイツキリスト教民主同盟テーテロー市支部の報道官が不審者によって市中に貼られたプラカードは「混乱を来たすため、除去する必要がある」とコメントしたことを引用し、同感だと書いている。

独ノイブランデンブルグの日刊紙Nordkurierの報道によれば、プラカードに記されたドイツの領土には東プロイセン全体も入っていた。東プロイセンの一部は現在、ポーランド領となっている。

関連ニュース

タグ
ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント