02:51 2021年09月25日
ロシア
短縮 URL
0 00
でフォローする

ロシアのモスクワ州に住むナターリヤ・チュカノワさんは、妹の埋葬をめぐって問題が生じたため、モスクワ郊外バラシハ市の市役所に妹の遺体の入った棺を持ち込んだ。これを受け、チュカノワさんは捜査委員会の取り調べを受けることになった。チュカノワさんがロシアメディアに語った。

チュカノワさんは「約2時間前に電話があり、2つの場所に出頭するように言われました。バラシハとモスクワのルビャンカにある捜査委員会です」と語った。

チュカノワさんは、出頭要請の理由は告げられなかったとし、「状況の説明を聞きたいと言われた」と話した。チュカノワさんは16日にバラシハの捜査委員会を訪れ、来週モスクワの取り調べに行く予定。

チュカノワさんは今月11日、妹を埋葬する許可を得ることができなかったため、バラシハ市の市役所に妹の遺体の入った棺を持ち込んだ。

チュカノワさんは、父親が埋葬されているバラシハの墓地に妹を埋葬しようとしたが、埋葬するために12万ルーブル(約18万円)を要求されたという。なお、その日のうちに地元当局が問題解決を手助けし、チュカノワさんの妹は埋葬された。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント